【沖縄旅行】台風接近中でも行きたい! 予約にこだわり♪ <前編>

旅行

子育て奮闘中の私には時間とタイミングが欠かせない。
合宿等で四日間こども達がいない!
(⁎˃ᴗ˂⁎) これはチャンス
私もお出かけがしたい♪

せっかくだから飛行機に乗って旅したい

四日間あっても初日はお友達が午前中お仕事、最終日は息子のお迎えが空港に午前10時。
( ´ω` ):なかなか厳しい条件で海外は断念。
しかし時間はフルに使いたいので国内で飛行機に乗れて・・・行きたい所・食べたい物・予算は・・・

旅は計画からワクワク面白い♪

そうだ、沖縄へ行こう。

飛行機は航空会社と時間帯で価格が大きく違うので安いチケットを探すと深夜便。
空港に深夜到着は電車も無いので車が必須になるが空港の駐車場は高い。

東横INN中部国際空港店をホテル公式ホームページから予約すれば10日間駐車場無料サービスがある。
↓↓↓↓↓
https://www.toyoko-inn.com/search/detail/00301?lcl_id=ja

これを利用すれば空港の駐車場に四日間停める代金に多少の追い金で駐車場サービス付きのホテルに泊まる事が出来る。
翌日のお迎えを考えると体も楽でとても都合が良い。
なにより沖縄で夜まで遊べる♪

初日も仕事終わりに深夜便を使えばチケットが安くて次の日は早朝から遊べる♪
那覇空港に深夜2時の到着でもタクシー移動して安い宿に泊まれば、需要の集中する午前便の高いチケットと大した差にならない。
ここまで何パターンも金額計算をして比較検討。

やはり旅は計画からワクワク面白い♪

結果、最大限に遊ぶ為に往復深夜便に決定!
 ※名古屋→那覇空港 深夜便は2019年夏の特別運航でした。

  • 飛行機のチケット予約

日程が決まったら飛行機のチケットをすぐに予約。
個人旅行はここで注意が必要になる。
同じ飛行機でも販売される時期で価格が異なるのだ。
価格別で数量が決まっているので安いチケットから販売され完売すれば次の価格帯へどんどん価格が上がる。

早くチケットを取るのが望ましいがキャンセル規定の確認が必要となる。
今回は大人ふたり旅で日程変更も出来ないからキャンセルや変更の可能性は非常に低い。
なのでキャンセル時返金は無いが安いチケットを航空会社ホームページより購入した。


こどもが一緒だとキャンセルを視野に入れないといけない。
急に体調を崩したり部活が休めなかったり様々な理由で旅行の変更・中止はたびたびあったから。

大人旅は気が楽だ♪

  • レンタカーの予約
美ら海水族館
ジンベエザメ

沖縄旅行はレンタカーがあると便利。
美ら海水族館や絶景を求めたら必ず必要となる。

私は以前の経験から貸し出し返却も空港では無く、ゆいレール「おもろまち」駅直結の”Tギャラリア沖縄(旧 沖縄DFSギャラリア)にしている。

空港店で借りても空港と店舗間は送迎車での移動になるし、返却時に渋滞や時間にドキドキして空港店まで帰るよりは、ゆいレールで時間が読める方が安心感があるから。

Tギャラリア沖縄店へ返却なら早めに車を返してゆいレール沿線でお酒を飲む事も出来る♪

私はレンタカー比較サイトで探してからレンタカー会社公式ホームページでも比較し、その他キャンペーンも探す様にしている。
まれにあるのが契約しているクレジットカード会社が割引を行っていたり、登録しているwebサイトに割引広告があったり探し出したらキリがないがお得を見つけたら嬉しい。

レンタカーの予約が出来たらホテルを探す時に駐車場条件の比較も必要!

※※※コレ重要※※※
沖縄は高速道路を使う事もあるのでETC搭載車で、ETCカードを持って行くこと!
忘れたら現金支払いが面倒だから。

  • ホテルを探そう!

おばさんふたり旅はホテルからの絶景にこだわりが無い。
遊び尽くす旅を目標にホテルは寝るだけ。
夜に徒歩で飲みに行ける立地優先♪
ホテル検索サイトで条件を満たすホテルがピックアップ出来たら、他社ホテル予約サイトとホテル公式ホームページでも価格を比較。

キャンセル料発生日と予約特典を比較しながギリギリまで比較検討する。

もともと安いホテルだと飛行機のチケットと一緒で早めの方が安いことが多いが高級ホテルはまれに直前に値下げがある。

高級ホテル割引に強い予約サイト 一休。

ホテルの検索はタイミングがとても重要なので予約確定後もキャンセル料発生日まで探し続けるとお得があるかも。

私はお得の為にこの手間も楽しんでます♪

出発間際、恐れていた台風の接近。

フライトキャンセルになって何処にも行けないのは嫌なので、行き先変更の旅も慌てて検索するがさすがに高い。
関西国際空港からならLCC格安航空券がいくつかあったのでフライトキャンセルが確定したらすぐに予約が出来るように、関空⇔博多の航空券と博多ホテルをチェック。

意地でも旅に行く!

飛行機旅のためなら車で関空往復だって頑張れる。

LCC 国内格安航空券検索サイト-トラベリスト

《一日目》

中部国際空港(セントレア)展望デッキ

深夜便なので出発時間まで空港を満喫する為、夕方には東横INN中部国際空港店の駐車場に停めて食事は空港で。
普段食べない名古屋めし❛カレーうどん❜を食べてカードラウンジへ向かった。

お得大好き人間はクレジットカードゴールド特典のカードラウンジへ必ず寄りたくなる。

中部国際空港のカードラウンジはとってもお得ですよ♪

なんと!ビールサーバーがあるんです。
紙コップですが。お友達は大満足。
ビールが得意ではない私は食後のコーヒーとチョコレート♥

忘れてはいけないのが台風接近中。

フライトがキャンセルになったらすぐに関空へ移動しながら飛行機・ホテルの予約が必要になる為、気が抜けない。

一日中航空会社のホームページでチェックを続けましたが変化なし。

飛ぶ予定の様だ。

そろそろチェックインが始まるので受付へ。
?!?!?!?!?!?!

こ、これは・・・・飛行機は那覇空港へ向かうが着陸出来なければ中部国際空港へ帰って来る?!
え~~~(((;꒪ꈊ꒪;))):
それだけは勘弁してほしい。
片道2時間のフライトが往復4時間になり到着は早朝4時?!
出発まで、いや那覇空港着陸までドキドキ。

カウンターで荷物を預けたら出発までお楽しみがもう一つ。

♪お風呂♪
中部国際空港にはお風呂もあるんです!
しかもバスタオル貸し出しがあるのでとても便利。

湯舟からは飛行機も見れるのでお出かけ気分⤴ 閉館ギリギリまでお世話になりました。

  • いよいよ出発

搭乗ゲート前に移動し、アナウンスに耳を傾けながら沖縄観光地を検索。
同時にフライトキャンセルになった時の行き先変更旅、博多ホテルも検索。

間もなくして搭乗のご案内に辺りがザワついた。
飛ぶのね。飛んじゃうのね。無事着陸してね。

機内に入り棚に荷物を持ち上げようとした瞬間「やりましょうか?」お手伝いをしてくれる青年がいました。
感謝です。せめての恩返しに静かにします。

飛行機は揺れながらも無事に那覇空港へ着陸すると機内は歓喜に包まれた。
皆さん急いで降りる準備を始め、お隣の青年は「着陸出来て良かったですね」と言い残し荷物を下ろして去って行った。

なんてスマート。

さあ、夜中の2時、荷物を持ってタクシー乗り場へ。
飛行機到着に合わせ何台か待機してました。

予約したのは空港近くの「グランドキャビンホテル那覇小禄」
https://www.grandcabinhotel.com/









ゆいレール赤嶺駅に近いのと低価格で決めた。

深夜なので物音をたてない様に気を使いましたが、館内はどこも清潔で心地良かったです。
このようなキャビン式は初めて泊まったので衝撃でしたが面白い。

扉では無くアコーディオンカーテンで仕切られ、もちろん鍵は付いていますがベッド横にセイフティーボックスもありました。
一つ心配事が・・・スマホ目覚ましを鳴らして良いのかしら?

私は速攻止めれる自信がありますが目覚ましが聞こえない人はどうする?

《二日目》

朝に弱い友達が心配でしたが緊張してたのかな?鳴り響く事は無く時間に起きてました。

朝食を食べてチェックアウトを済ませ赤嶺駅まで歩いて5分ぐらい。

風は強いが傘いらずで運が良い。

「おもろまち」駅に到着し、レンタカー受付カウンターを目指す。
駅からカウンターまでの順路はTギャラリア沖縄を横断しないと行けない。

買い物を誘ってる順路だ。

今回の旅は買い物目的ではないので足早に通過。
受付を済まし車へ案内された。

  • ドライブは快適に♪

車に乗り込むと友達が鞄をゴソゴソ。
??(´◦ω◦`)??何やら取り出した。

レンタカーにBluetooth接続機能がない事を確認して取り出したのは・・・

  ”FMトランスミッター”

車内シガーソケットに付けFMラジオをトランスミッターの周波数に合わせスマホ音楽を流し始めた。

流れてきたのは90年代 
(ノ*>∀<)ノ 爆笑

持ってきたETCカードを差し込み、ドライブ環境を整えさあ出発♪

彼女はドライバーを進んで務めてくれるので私は地図とルート検索。
この関係は25年続いてる。

目指すは美ら海水族館方面、高速道路を使っても2時間ぐらいかかるが、楽しいドライブはスタート。

車を走らせたらすぐにすごい雨。

忘れていたが台風接近中だった。
高速道路では視界を奪われるほどのすごい雨になった。

行きたいのは美ら海水族館と古宇利島への橋やハートロック。
ハートロックはJALのCMで嵐が訪れ有名になった場所だ。

雨が降り続いているのでお昼に沖縄そばを食べながらお天気サイトの雨雲レーダーをチェックし作戦会議。

目的地を古宇利島へ決め店をでたら雨はやんでる。

急げ!

後編へ つづく

古宇利大橋
島のカフェ より

コメント

タイトルとURLをコピーしました