【沖縄旅行】台風接近中でも行きたい! 旅は事前調査が大事♪ <後編>

旅行

《二日目》前編のつづき

お昼ご飯に沖縄そばを食べながら雨雲レーダーをチェック。
数分後には美ら海水族館で雨が降る予報なので、先に古宇利島へ向かった。

古宇利島へ続く橋は真っすぐのびてとても気持ちが良い。
青い空ではないが素晴らしい景色だった。
橋を渡り切って海岸へ出ようと車のドアを開けたらすごい風!

雨は降っていないが強風で波が激しくチャポチャポ遊べる感じではない。

こんなに波があるのに海はとてもきれい。
青い空・青い海だったらどんなにきれいなんだろう。

次は青い海が見たい!これが何度も沖縄を訪れたくなる理由の一つなんだろう。

  • ハートロックまでは距離があり足場が悪い

目的地、ハートロックへは駐車場から10分弱歩いたかな。
雨あがりなので足場がとても悪く、滑るのでサンダルでは厳しい。
ヒールがあるとなおさら辛い。

ハートロック


古宇利島は「恋島」が由来とか・・。
恋愛や結婚、子孫繁栄のパワースポットで有名だが気合を入れたいデートでもここは服装を考えた方が良さそうだ。

美ら海水族館へ向かう車内でまた豪雨にあって気が付いた。
運良く雨に打たれずハートロックから駐車場に戻って来れたが、途中でこの豪雨にあったら大変。

傘も持たず、駐車場からの距離感も分からず・・・無知はゾッとする

  • 旅は事前調査が必要! 

お得に旅をしたい私は施設入館料の値引きを調査する!
コンビニで前売り券を購入すると少々の値引きがあるが今回はコンビニでは購入しない。
なぜなら夕方に入館料が値引きになる事を水族館ホームページで知ったからだ。

16時から大人入館料が570円値引き
(⁎˃ᴗ˂⁎) これは大きい。

入館料以外にもう一つ大事な事がある。
イベントの開催時間を調査する!

美ら海水族館で外せない❛イルカショー❜を見てから館内へ。
水族館を満喫したらホテルまで2時間ドライブ。
沖縄は移動時間が長い。

ホテルに到着した頃は雨が酷くなって来た。
いよいよ台風の心配が付きまとう。
明日のフライトキャンセルになったら帰れないのは大変困る。

午前便は欠航が確定したが、私たちの夜便はまだ決まっていない。
情報を検索しながら夜ご飯へ♪

徒歩15分ぐらいで居酒屋へ行く予定が激しい雨。
車が必要になりお酒に興味の無い私がドライバー。

居酒屋で沖縄料理を堪能してお決まりのコンビニへ。
部屋用の飲料・アイス・デザートそして明日の朝食。
どんだけ買うんだ・・・。

  • フライトチェック

明日のフライトはまだ欠航にならない。
もし欠航になったら大変困る。
なぜなら一日2便しかないスカイマークの夜便を購入しているので欠航が確定したら振替便が確実に翌日以降。
お盆休みの繁忙期になるので翌日以降で何時の便を提示されるか分からない。
航空会社が提示する振替便まで待てなかったら全額負担で探さないといけない。
便数の多いJALで2万を超える。

旅行日程の延期が出来ない人は、便数の多い航空会社を選ぶ方が安心

《三日目》

朝からフライトチェック。
夜便の欠航はまだ決まらない。
ホテルの窓からは風で大きく揺れる木と時折激しくなる雨。

今日の予定はあまり決まっていない。
なぜなら昨夜から観光名所を調べる時間が全て台風の情報収集をしていたからだ。

唯一決まっている予定が❛なかむらそばのアーサそば❜が食べたい!

ホテルを出発して海沿いを走りお店に到着。
早目のお昼を荒れた海を見ながら食べた。

沖縄に訪れるのは6回目だが初の首里城を目指した。
小さい子供を連れての沖縄旅はいつもビーチで過ごしていたから。
友達と旅をすると普段見れない景色が見える。

首里城へ向かう途中はやはり凄い雨。
しかし強い味方、雨雲レーダー!
雨の切れ間に首里城観光。

車に戻り次の目的地を探す。
スマホに頼りっぱなしの旅だ。

  • 最大の事件勃発!

次は車の返却時間とドライブしたいコースを考え❛斎場御嶽❜を目指した。

途中、コンビニの駐車場で事件は起きた!
ドライバーの友達が、お隣の車の運転席ドアに手を伸ばしたのだ。

えっ! と声をあげる間もなく、『ガチャ』とドアが開いてしまった。
目の前の喫煙場にいたお兄さんが笑っている。

スマートキーの感度が強く鍵が開いてしまったのだ。

私は大爆笑!!! 
なぜなら車種カラーも違うからだww

友達は異変に気が付きお兄さんに平謝り。
「大丈夫ですよ」と微笑むお兄さん。
しばらく笑いが止まらない私。
新手のナンパかーーい!と突っ込んでしまった。

雨は強く降ったり止んだり。

斎場御嶽の駐車場は道路を挟んで❛南城市地域物産展と知念岬公園❜にあった。

駐車場に着いた時は凄い雨で車から出れない。

しばらく車で待ち小降りになったので建物へ走った。
沖縄銘菓❛サーターアンダギー❜をまだ食べていなかった私は雨宿りしている野良猫と遊びながら休憩。

雨が止んだので出発。

斎場御嶽入口まで一般道を少し歩いて入場時には10分程度のビデオ説明があった。
とても神聖な場所なので注意事項を聞いてからの入場だ。

三庫理(さんぐーい)までの道は緑に囲まれ日常とは全く異なる空気感。
是非訪れて体感して欲しい場所だ。

あまり調べず訪れてしまったが、後に凄いパワースポットだった事を知る。

三庫理

やはり旅は訪れる前に多少知識を得てから体感したい。

斎場御嶽を出たらすぐの所に手相占い師がいた。
いつもなら必ずと言って良いほど素通りをするが、なぜか気になりわざわざ戻った。

その時聞いた話は今では支えになっている。
当たる当たらないでは無く気の持ちようだ。

旅も終盤。
レンタカーを返却し、最終目的地❛国際通り❜へ。

予定通り駅のコインロッカーに荷物を預け居酒屋に。

三線演奏と民謡を聞きながらの食事。
沖縄を堪能してゆいレールに乗って空港へ。
飛行機は予定通り飛び沖縄旅は終わった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました